お勧め観光地情報

  ≪ゴアガジャ≫
                                                      


バリにある遺跡の一つで「象の洞窟」という意味です。

昔から大きなものを「ガジャ」つまり「象」と呼ぶ癖のようなものがあります。

それd、この遺跡の名前も「大きな洞窟という意味で「ゴアガジャ」と名付けられたようです。

この遺跡は11世紀ごろのものだと言われていますが、発見したのはヨーロッパ人で1973年の事です。

発見されたばかりのころ、入り口にある大きな顔のほとんどは崩れ落ちていました。

ただ、耳には耳飾りがありましたので、バロンダンスのときに戦う魔女のランダではないかと考えられました。

入り口に怪物の彫刻をするのは魔除けの意味があるからです。

洞窟の奥行きは13メートルありまして、一番奥が左右にわかれています。

洞窟の中の壁は奥行1メートル位の横穴が15個掘られていますが、これは瞑想する場所です。

ひとつだけ奥行が2メートルほどの横穴がありますが、これは寝床に使ったと言われています。

左手の奥に「ガネーシャ」という象の形をした石像がありますが、これはシワ神の子供で「知恵の神様」です。

反対側の右手に、三つある石像は三位一体のヒンドゥーの神を現わして現わしています。

それぞれが上下にわかれています。上が丸い形をしていますが「リンガ」と呼ばれています。

下は四角い受け皿のような形をしていて、「ヨニ」と呼ばれています。

これは、天と地、男と女、陰と陽といった、相反する二つの極を表しているといいます。

先程さん三位一体と申し上げましたが、それは風の神、火の神、水の神の3つの神を意味します。

洞窟の外側に祭壇があります。祭壇の右にあるのが「ハリティ」という名の女神です。

日本で鬼子母神と呼ばれる神様と同じものです。この神様はもともとは子供を食べてしまう妖怪だと言います。

しかし、仏さまの計らいで、溶解から神様の仲間入りをしました。

そして、ついには、安産の手助けをし、子供を守るようになったと言い伝えられています。

洞窟の外に二つの池があります。どちらも沐浴、つまり体と精神を清めるために使われるものです。

手前が男性用、向かい側が女性用です。

洞窟が発見された時には、この沐浴用はまだ地面に埋まっていました。

1954年になって、初めて発見されたのですが、戦後発見された遺跡としてはバリ最大の遺跡だと言われています。

▲ TOP 

住所 Jl.Danau Tempe nomor 91 DPS BALI
0361-7887736,0817-354587  7:00~22:00
  info@himawaribali.com  setsusaito@gmail.com
  www.himawaribali.com 

ホーム チャーター アクティビティー スパ バリ島情報 お問合せ お申し込み
Copyright (C) 2006 -  himawari bali All rights reserved