お勧め観光地情報

  ≪タマンアユン寺院≫
                                                      


バリで三番目に大きな寺院ですが、他の寺院にない特徴があります。

それは、バリの寺院としては珍しく水のある堀に囲まれていることです。

寺院の正面に、山を二つに割った形の門がありますが、これを「チャンディプンタル」といいます。

門が割れた形をしているところから「割れ門」といいます。

正面の割れ門をはいりますと、すぐ右側に鳥のしゃもを闘わせる闘鶏の場所とダンスを踊るための舞台があります。

その後、もう一つ「割れ門」があって、そこを通過すると「バレ・クルクル」という名の金のタワーがあります。

そして更に奥に、人が通り抜けることができる木のドアの付いた門がありますが、実際には割れた形はしていませ

ん。これを「チャンディクルン」といいます。

そして、この門の奥に神様を奉る、一番大事な「ジョルワン」と呼ばれる場所があります。

そこには日本の五重塔を小さくしたようなタワーがL字型に並んでいます。

バリではこのタワーを「メル」と呼んでいます。

屋根が11層のタワーが4つ、9層のタワーが2つ、7層が1つ、5層が1つ、3層が1つと全部で9つのタワーがあります。

どのタワーも奇数の層でできていますが、これらが「メル」と呼ばれるものです。

全てヒンドゥーの神のためのものです。

その他に2層のタワーと1層のタワーが1つずつありますが、これは代々の王様や村長の魂を奉っているもので

「メル」ではありません。

更に西側に5つ、小さな塔がありますが、これは「バレ」と呼ばれるもので、儀式のときにお供えをするところです。

同時に、また儀式を行う人たちが休むところでもあります・

メルの高さは神様の位に応じたもので、位の高い神様ほど背の高いメルにおります。

▲ TOP 

住所 Jl.Danau Tempe nomor 91 DPS BALI
0361-7887736,0817-354587  7:00~22:00
  info@himawaribali.com  setsusaito@gmail.com
  www.himawaribali.com 

ホーム チャーター アクティビティー スパ バリ島情報 お問合せ お申し込み
Copyright (C) 2006 -  himawari bali All rights reserved